乾燥肌のスキンケアで注意することとは?
乾燥肌のスキンケアで注意することとは?

乾燥肌のスキンケアで注意することとは?

乾燥肌でお悩みの方、正しいスキンケアはどうすればいいか知りたくありませんか?
普段は大丈夫でも冬になると乾燥するなど、いつもどおりのスキンケアでは不足することも。
乾燥肌になる原因や対策を学んで、正しいスキンケアをするようにしましょう。

乾燥肌のスキンケア

肌質には乾燥肌、脂性肌、普通肌などがあり、個々人の肌の状態に合わせてスキンケア用品を選ぶ必要があります。
特に、乾燥肌はちょっとした刺激でも過敏に反応し、肌が荒れやすくなりますので、スキンケアは要注意ですよね。

皮膚の役割は、体の外からやってくる紫外線や乾燥など、有害なものから体を守り、身体機能を維持することです。
しかし、この乾燥肌の場合は皮脂が少ないため、バリアが薄く、元々風などの刺激を受けやすい肌質といえます。
そのため、外部からの刺激を受けて炎症などが出やすくなってしまいます。

乾燥肌とは違い、脂性肌、混合肌、普通肌は、適正な皮脂が分泌されることで、お肌をガードしている状態にあります。
一方、乾燥肌は皮脂の分泌そのものが多くないことから、スキンケアを行っても、肌の敏感さは変わりません。
普通肌や脂性肌の人より、乾燥肌の人は肌の赤みやにきびに注意をする必要があるので、
よりスキンケアに力を入れて、にきび対策や、肌荒れ対策を行うようにしましょう。

肌のコンディションがよくないと、これまでは問題なく利用できていた化粧品でも肌を傷めてしまう場合もあります。
肌質によっては、いつもは普通肌でも、季節が冬になるといきなり乾燥肌になる人もいらっしゃいます。

冬の乾燥肌のスキンケア

春や夏のうちは問題がなくても、冬に入ると乾燥肌になって、スキンケアが難しくなるという人がいます。
冬の季節では、湿度や気温が大幅に低下します。
冬の肌が乾燥肌になりやすいのは、乾燥した外気へと肌の水分がどんどん逃げていって、肌の乾燥が進んでしまうことが考えられます。
冬は寒い為に、体全体の新陳代謝も低下して、お肌のバリアである皮脂の分泌が減ることも一つの要因です。
また、寒くなるとどうしても家にこもりがちになるので、あまりストレスを発散しにくいのも一つの原因になります。

ストレスは、様々な疾患の原因になっていると考えられていますが、
運動不足、仕事や人間関係でのストレスなどでも、乾燥肌の原因となります。
鶏と卵のような話ですが、にきびや肌荒れなどの肌のトラブルによって、よりストレスと結びつくことはよくあります。
丁寧にスキンケアをしていても肌の調子がよくならないのは、ストレスが多いからということもあります。
ですので、冬に行うスキンケアの第一歩として、ストレスのない生活を心がけるようにしましょう。

スキンケアをする時には、自分の肌の状態にあったものにすることが大事なのはご存知かと思います。
肌質は個人差がありますので、スキンケア用品でも肌に合わないことがよくあります。

いいスキンケア用品を使っているのに、あまりにも冬の乾燥肌の症状が進行しすぎていて、合う化粧品が見つからないというケースもあります。
ですから、冬になってスキンケア化粧品が合わないなんて事にならないようにする為に、早めの冬の乾燥肌対策を心がけましょう。

冬前から肌のコンディションに気を配り、肌の保湿力を高めるようなスキンケアを行っていくといいですね。
冬以外の季節でも、日々のスキンケアで肌の調子を整えておくことは非常に大事ですので、乾燥肌への備えは十分に行いましょう。

乾燥肌のスキンケアの注意点

人によって、乾燥肌へのスキンケアのやり方は異なりますが、基本原則として、ほとんどの人に共通するやり方があるので紹介します。

洗顔が終わったら、できるだけ間をあけずに化粧水をつけて肌の乾燥を防ぎましょう。
お風呂から上がったら、その場で保湿をします。洗顔後や、入浴後に一切のスキンケアをしないままでいると、開いた毛穴から皮膚の必要な水分が出ていってしまうからです。
ですから、そうならないように、お風呂から出たらすぐに保湿そして、クリームなどで蓋をするのが良いでしょう。

タオルで拭く時も、ゴシゴシ擦らずに、やさしく拭くことも大切です。
乾燥肌の人は、一日の仕事が終わって帰宅したら、できるだけ早くクレンジングを済ませて、スキンケアをしましょう。
女性の化粧は、朝起きてしばらくしてから行われた後、数度の化粧直しを挟みながら、一日じゅう顔に塗られている状態になります。
化粧の油分は、時と共に酸化していきますので、乾燥している化粧品がずっと肌についていると、乾燥肌の症状は悪化してしまいます。

お肌にとってメイクはいいものだと思っている人もいますが、化粧は長期的な視点で言えば、皮膚に負担をかけます。
アイメイクは落ちにくく、数種類のメイクを重ねることが多いですので、気をつけましょう。

社会人としてメイクなしで、仕事いけないと言う人もいるでしょう。
メイクをするなとは言いませんが、家に帰ったらなるべく早くメイクを落とす事が大切です。
肌タイプに合わせたスキンケア用品を使い、念入りに肌のお手入れをすることも大事です。
外出をしない日は化粧をせずに、スキンケアだけで肌を楽な状態にさせておくということも乾燥肌の人には役立ちますよ。

まとめ

乾燥肌にお悩みの方は、洗顔後の保湿や、こまめにメイクを落とすなど、よりスキンケアに気をつけなければいけません。
とくに冬になると一気に乾燥が進んでしまうので、冬になる前に備えておくことが大事です。
乾燥肌用のスキンケアセットもありますので、参考にしてみてください。

おすすめの記事